ソフトバンクへのMNPが得する理由。キャッシュバックが今も出るのはナゼ?

CASH BACK!

最近、携帯のショップ店頭で「キャッシュバック」の表記をほとんど見かけなくなったことにお気づきでしょうか?

実は今、携帯電話の料金体系にはいろいろと規制がかかっていて、キャッシュバックがやりにくくなっているのです。

そのような中でも、ソフトバンクならキャッシュバックを利用できるケースがあります。MNPを利用することが前提なので「電話番号を変えたくない」という方でも安心です。

今回は、MNPを使ってソフトバンクに乗り換え(MNP)して、お得にキャッシュバックを受ける方法をご紹介します。これからスマホを乗り換えようとされている方は、必見です!

そもそもキャッシュバックとは

一昔前までは、携帯電話のショップを見ていると、

「〇万円キャッシュバック!」
「実質0円!」

などの文字をよく見かけたものです。

「契約したら、お金がもらえるのか」
と思っていた人もいるかもしれませんし、「次にスマホを変えるなら、キャッシュバックを受けられるようにしよう」と思っていた方もいるのではないでしょうか?

ここで、そもそも携帯電話のキャッシュバックとは、どのような制度なのか、確認して追いましょう。

契約時にもらえるキャッシュバックとは?

キャッシュバックは、その携帯電話のショップで「携帯やスマホの乗り換え(MNP)をすると現金をもらえる」というサービスです。

キャッシュバックされる料金はショップによってさまざま。3万円とか5万円、時には7万円!などというケースもありました。家族で乗り換えると、かなりの額のキャッシュバックを受けられたことも多かったです。

また、キャッシュバックを受けるとき「他社からの乗り換え(MNP)」というところもポイントとなります。既にその携帯のキャリアを使っている人が「機種変更」する場合には、キャッシュバックを受けることはできません。

一昔前まではドコモ・au・ソフトバンクの携帯各社が、このようなキャッシュバックのサービスを行ってユーザーの獲得を競っていました。

キャッシュバックが行われていた理由

「数万円にもなる多額のキャッシュバックを出してたら利益がでなくなるんじゃない?」

そんな疑問を持たれる方もいるでしょう。

盛んにキャッシュバックが行われていたのは、携帯キャリアの3社が利用者を取り込むためです。

今は、徐々に格安スマホを利用する方も増えていますが、少し前までは、ほとんどの携帯電話・スマホユーザーは、ドコモかauかソフトバンクを利用していました。ただ、利用者の人数は限られていますから、ある程度携帯電話が行き渡ったら、後はパイの奪い合いになります。

また、当初はキャッシュバックをして現金を吐き出しても、後々長期にわたって契約を継続してくれたら、携帯会社には利益が出ます。そこで、限られた利用者を取り込むために、各社は必死になって、ショップによるキャッシュバックを推進していたのです。

キャッシュバックに対する規制

●2016年2月、総務省がキャッシュバックを規制!

最近はあまりショップでの大々的なキャッシュバックの宣伝は見かけなくなっているはずです。それは、キャッシュバックに対する規制が行われたから。規制をしたのは国の総務省です。

総務省は、2016年2月2日に新たなガイドラインを策定し、発表しました。このガイドラインは、同年4月1日から適用されています。

スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(PDF)

内容としては、
「スマホの端末代金が実質0円になる割引をしてはいけません」というもの。

高額なキャッシュバックをすると、スマホ端末料金が0円やそれ以下(購入者に利益がでる)となりますから、ガイドラインに違反してしまいます。

そこで携帯各社はガイドラインに従って、キャッシュバックを辞めていったのです。

●キャッシュバックが規制された理由とは?

では、どうして総務省はガイドラインによってキャッシュバックを規制したのでしょうか?

上で述べた通り、日本ではドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアがそれぞれ過度な割引きを行うことにより、携帯電話の利用者を囲い込む状況になっていました。

しかし、割引きを受けられるのは「新規に乗り換える人」「新規に契約する人」だけ。「既存のユーザー」は、何の利益も受けられません。

そのため、携帯電話会社のキャッシュバックサービスを利用して、2年ごとにどんどん携帯電話会社を乗り換えて、ほとんど携帯代を払わない人も誕生してきたのです。

同じように携帯を使っているのに、ずっと同じ会社で契約しているユーザーは高い料金を支払い、その一方でどんどん乗り換えをするユーザーはほとんど携帯代を払っていないという状況が発生したのです。

当然のことですが、大変不公平だという不満が出てきました。

さらに、このように携帯3社が利用者を囲い込むことにより、格安スマホの普及も進まないと考えられます。国は、格安スマホを普及させることにより、携帯電話の料金を今より下げたいという基本的な指針を持っているので、このようなことは国にとっても不都合です。

以上のように「ユーザー間の不公平をなくし、格安スマホを普及させたい」という目的で、キャッシュバックを規制するガイドラインが策定されたのです。

ソフトバンクは、キャッシュバック規制に反対

2016年2月、総務省がガイドラインを発表したことにより、キャッシュバックを推進してきた携帯3社やそれまでキャッシュバックによる恩恵をうけてきた人たちは、大変な混乱状態となりました。

携帯3社の中でも、特にガイドラインに対する不満を大きくしたのがソフトバンクです。ソフトバンクは、なかなかキャッシュバックを全廃せず、店頭に「実質0円」と書いたポスターを貼ったりしていたこともあったようです。

総務省はガイドラインに違反した携帯会社に対して行政処分を行ったこともありましたが、反対にソフトバンクは総務省に対し「規制によって、適正な競争が後退している」という意見を出したこともありました。

ソフトバンクが規制に反対する理由とは?

このように、ソフトバンクがキャッシュバック規制に反対したのは、携帯3社の中で、ソフトバンクがもっともシェアが少ないことが影響していると考えられます。

ドコモはもともとシェアが非常に大きいので、キャッシュバックを辞めて他社からの利用者取り込みをしなくても、充分な顧客を獲得しています。auも2番手ではありますが、それなりに顧客も多く、それほど痛手がないという判断があるのでしょう。

これに対しソフトバンクは、3大キャリアとは言ってもドコモとの差は非常に大きく、格安スマホ(MVNO)の台頭によるダメージもソフトバンク携帯が多いのが現状です。

そこで、キャッシュバックができなくなると、ドコモやauによる寡占状態が続いて、自由な競争が阻害されると主張しているのです。

このようなソフトバンクによる主張があっても、携帯電話のキャッシュバックに対する規制が現在も続いています。

となると本当に、今はどこの携帯会社でもキャッシュバックを利用することはできないのでしょうか?

キャッシュバックはなくなったのでしょうか?

ところがどっこい、

キャッシュバックはまだ続いている!

ソフトバンク携帯に乗り換え(MNP)の場合には、キャッシュバックを受ける方法があります。

キャッシュバックを受けるには、ソフトバンク携帯に乗り換える方法には注意が必要です。ショップによってはキャッシュバックを受けることがでなかったり、その額に大きな違いがあるからです。

ソフトバンクでキャッシュバックを受ける方法

以下では、ソフトバンクに乗り換える方法のバリエーションと、キャッシュバックを受けられるかどうか、説明します。

a.ウェブ上の代理店

おすすめ度 キャッシュバック 手続き方法
★★★★★ 2~3万円程度(キャンペーン時には5万円) WEBから

ソフトバンク携帯を契約するときには、ウェブ上の代理店を利用することができます。他のキャリアと異なり、ソフトバンクの場合には、ウェブ上で代理店が営業することが認められています。

ウェブ上の代理店は店舗を持たないので、かなり経費を節減でき、その分キャッシュバックという形で顧客に利益を還元しています。またキャッシュバックの金額も非常に高のが特長で、通常時はだいたい2~3万円程度、期間限定キャンペーン(けっこう頻繁にある)となると5万円くらいのキャッシュバックを受けられることもあります。

しかも、キャッシュバックされるお金は、数ヶ月後に指定口座へと現金で振り込んでくれます。このように「現金」を還元してくれるキャッシュバックは、ウェブ上の代理店を利用する上で大きなメリットとなります。

お得にキャッシュバックを利用してソフトバンクに機種変更したいなら、一番お勧めの方法です。

たとえば「おとくケータイ.net」などのサイトが有名です。キャンペーンも頻繁にやっていて、還元金額分を月額料金から相殺⇒格安の維持費が可能になる場合もあるので、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

b.ソフトバンクの「公式オンラインショップ」

おすすめ度 キャッシュバック 手続き方法
★★ なし WEBから

2つ目の方法は、ソフトバンクの公式オンラインショップです。ソフトバンク直営なので、最新機種も取りそろえていて、いろいろと機種を選ぶことができますし、サポート体制も整っています。24時間いつでも対応できるので、普段仕事などで忙しい人にはありがたいです。

ただし、公式オンラインショップでは、キャッシュバックは基本的にありません。さすがに、公式ショップで総務省のガイドラインを無視してキャッシュバックするのは難しいからです。

c.実店舗の「ソフトバンクショップ」

3つ目の方法は、実際に店舗を構えているソフトバンクショップです。

通常、ソフトバンクに乗り換えようとしたら、まずはソフトバンクショップに行こうと考えることが多いでしょう。しかし、ソフトバンクショップも、 総務省に真っ向から対向することは難しいため、基本的にはキャッシュバックは行われていません。

「店舗でも、週末限定で、こっそりキャッシュバックを行っているところもある」という情報もありますが、今は難しくなっているでしょう。また、実際に店舗でキャッシュバックがあるとしても、こっそりと行われているため、実際にどこの店舗でキャッシュバックが行われているのか、外から見極めることは困難です。

しかも、キャッシュバックされるとしても、ウェブ上の代理店よりかなり低めなのでキャッシュバックを狙ってソフトバンクに変えたい方にはお勧めではありません。

d.ヤマダ電機などの「量販店」

おすすめ度 キャッシュバック 手続き方法
★★★ ~2万円程度 直接来店

ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ビックカメラなどの家電量販店でもソフトバンク携帯に乗り換えることができます。そして、こうした家電量販店では、キャッシュバックが行われていることが多いです。ソフトバンク光のインターネット回線に同時加入すると、より多額のキャッシュバックが受けられるケースなどもあります。

ただし、金額としては、だいたい数千円~2万円くらいなので、ウェブ上の代理店よりはかなり低くなります。また、店舗のポイントでキャッシュバックされたり、ギフトカードでキャッシュバックされたりすることもあるので、自由度は低いです。

こうした家電量販店では「週末限定」でこっそりキャッシュバックが行われていることが多いです。量販店でソフトバンク携帯を契約するなら、土日に行くようにしましょう。

e.各キャリアの「併売店舗」

おすすめ度 キャッシュバック 手続き方法
★★★ ~2万円程度 直接来店

携帯電話の複数のキャリアと契約、販売をしている店舗のショップです。

いろいろな携帯の機種を置いているので、各社のサービスを比べることができる点はメリットと言えます。こうした店舗でも、キャッシュバックが行われていることがあります。

ただし、併売店舗では、キャッシュバックを受けるための条件として、月額500円などの有料コンテンツへの加入が必要になることがあります。「期間内に解約したら料金は発生しない」と言われることもありますが、解約を忘れてしまうと月々の料金がどんどん加算されてしまうので、注意が必要です。

結局、どこでソフトバンク携帯に乗り換えるのが良いのか?

以上、ソフトバンク携帯に機種変更するための方法を比較してきましたが、結局、どの方法でMNPをするのが一番良いのでしょうか?

結論としては、
ウェブ上の代理店がベストです。

その理由を説明します。

理由その1:アクセスしやすい

1つは、キャッシュバックが行われているサイトを探しやすいことです。ウェブ検索をすれば日本中どこからでもMNPでキャッシュバックしてもらえるサイトを探すことができます。

家電量販店や併売店舗では、どこでどのようなキャッシュバックが行われているかわかりませんし、家電量販店だと週末限定になってしまいます。こういった情報を調べるのはなかなか大変です。

お得情報を検索しやすく、いつでも24時間利用できるのは大変なメリットです。

理由その2:キャッシュバックの金額が高い

ウェブ代理店は、他の方法よりもキャッシュバックの金額が高くなることが多いです。他の方法なら数千円程度にしかならないこともありますが、ウェブ代理店なら5万円などの高額キャッシュバックを狙うことも可能です。

理由その3:条件なしに、現金で受け取れる

キャッシュバックを受けるときには「やっぱり現金でほしい!」と考えるものではないでしょうか?

ただ、家電量販店でキャッシュバックを受けるときには、量販店のポイントで還元されてしまうことがあります。また、ソフトバンク光への加入と抱き合わせでキャッシュバックが行われることもあるので、ソフトバンク光を契約したくない人には不便です。

モバワンなどの併売店舗でも、有料コンテンツ契約が条件となっていたりするので、嫌だと思う人もいるでしょう。ウェブ上の代理店なら、このような条件がありませんし、現金振込の形でキャッシュバックを受けられるので、とても好条件です。

MNPを使って実際にソフトバンク携帯に乗り換える手順と流れ

以下では、実際にMNPを使ってソフトバンク携帯に乗り換える手順、流れを説明します。

1.まずは、乗り換えの方法を決める

まずは、上記で紹介した5つの方法のうち、どの方法で乗り換えをするのかを決めます。

キャッシュバックを受ける目的なら、ウェブ上の代理店を使う方法がベストです。その場合、どのサイトでどのような割引きをしているのか、調べる必要があります。ウェブ上で検索して、キャンペーンをやっている代理店を探しましょう。

たとえば「おとくケータイ.net」でも、常日頃からキャッシュバックを推進しているので、チェックしてみると良いです。

2.今の携帯会社で「MNP予約番号」をもらう

MNPをするためには「MNP予約番号」が必要になります。

MNP予約番号は、今の携帯会社から発行してもらう番号で、加入する携帯会社(今回のケースではソフトバンク)に通知しなければなりません。MNP番号は現在の携帯電話会社で発行してもらうことができます。電話で発行の場合、数分~10分くらいで完了します。

※電話では、引き止めるための言葉をかけられないか不安かと思いますが、普通にMNPの意志を伝えれば何も問題ありません。

MNP予約番号の有効期間は2週間しかありません。発行してもらったら、すぐにMNPでソフトバンクに転出する必要があります。通常は、申込みをする直前にMNP予約番号を獲得することが多いですが、WEB契約の場合は申し込みの途中でも大丈夫です。

3.ソフトバンクに申し込む

MNP予約番号が発行されたら、いよいよソフトバンク携帯への申込みをします。

実店舗はもちろんネットで手続きする場合でも基本的に店員・担当者の指示通りに手続を進めていけば、問題なく契約できます。

途中でMNP予約番号を聞かれるので、正確に伝えましょう。ネットの場合、手続きの途中でも予約番号を取得できます。

また、乗り換えの際には本人確認書類が必要です。免許証を持っていたら免許証で良いですが、ない場合には、パスポートを使うことができます。

免許証やパスポートがない場合には、健康保険証と住民票、公共料金の領収証などの資料が必要になりますので用意しておく必要があります。未成年の場合には、親権者の身分証明書や同意書も必要です。

支払いをクレジットカードで行う場合には、クレジットカードを用意しておきましょう。支払い方法は、口座振替を選択することも可能です。

MNPにかかる費用

MNPを利用するとき、

  • 転出する会社に「MNP転出手数料」として3000円
  • 転入する会社に「契約事務手数料」として3000円

の支払いが必要となります。

また、以前の携帯会社で期間の定めのある契約をしている場合、期間中に解約をすると「違約金」が発生してしまうことがあります。更新が認められる期間を調べて違約金が発生しないようにしましょう。

さらに、以前の携帯会社で機種代金を分割払いにしていた場合、分割金の残額を支払わなければなりません。事前に確認しておきましょう。

解約手続きは不要

MNPによって転出をしたとき、以前の携帯会社との契約は自然に解約されますので、特に連絡を入れたり解約の手続きをしたりする必要はありません。

以上のように、これからスマホを変えるなら、MNPを使ってソフトバンクでキャッシュバックを受ける方法がもっともお得でお勧めです。おとくケータイ.netなどのウェブ上の代理店を使って、賢くスマホ契約をしましょう!