iPhoneXとiPhone8の「機能&価格」を徹底比較!買うべきなのはどっち?

iPhoneXとiPhone8の比較

iPhoneXが発表されると同時に、iPhone8の発売も開始されました。
「一体、どちらを買うべきか!?」と迷っておられる方は多いのではないでしょうか?

そんなときには、それぞれの機能やスペック、料金等の「違い」を知って、比較検討することが大切。今回は、iPhoneXとiPhone8を徹底比較して、お得な契約方法を紹介します。

iPhoneXとiPhone8の基本的な違い

iPhoneX(アイフォンテン)とiPhone8(アイフォンエイト)の基本的な違いは、その目的意味合いの違いです。8は7の進化版であるのに対し、XはiPhoneシリーズの10周年を記念したプレミアムモデルです。

iPhone8の次にいきなりiPhoneXとなっており、「9」がないので不思議に思っていた人もいるかもしれません。それは、iPhoneXの「X(10)」は10番目という意味でなく「10周年」という意味だからです。

このような立ち位置の基本的な違いにより、iPhone8は7と似た仕様になっているところが多いですが、iPhoneXは、独自の仕様になっている点が多いです。

スペックは数値的にいうとiPhoneXの方が良いですが、これまで7を使っていた人には8の方が使いやすいかもしれません。

以下では、より具体的に、iPhoneXとiPhone8の違いを確かめていきましょう。

共通の機能・性能

まずはiPhoneXとiPhone8で主に共通する機能・性能からです。

本体がガラスボディ

iPhoneXもiPhone8も、本体がガラスボディです。従来のスマホは、本体がアルミニウムでできていたのですが、iPhone8から変わっています。

ガラスというと、「もろいのではないか」と心配されるかもしれませんが、そのようなことはありません。iPhone8やXで使用されるガラスは「ゴリラガラス5」という非常に強化されたガラスだからです。

このガラスは1.6メートルの高さから落としても、80%は破損しないというものです。(ただ、そうだとしても保護シートをつけてケースに入れておくことは必要でしょう。)

ワイヤレス充電

どちらのモデルも「ワイヤレス充電」に対応しています。これは、充電器に接続しなくても充電できる機能のこと。

ただ、ワイヤレスとは言ってもWifiなどの無線通信ではないので、部屋中どこでも充電ができるということはありません。専用の台座の上に置くと充電ができるものです。台座にはケーブルが刺さっていて、電気が供給されています。

これまでは、充電する端末ごとにケーブルでつなぐ必要がありましたが、ワイヤレス充電なら複数の端末を1つの台座に乗せて、同時に充電することができます。

iPhoneを複数もっている人や家族がみんなiPhoneを使っている場合、ケーブルが要らなくなるのでスッキリするでしょう。ワイヤレス充電器は、iPhoneXと8の本体を買ってもついてこないので、別売りで購入する必要があります。AppleStoreでの売値は7000円です。

両モデルの違い

それではここからiPhoneXとiPhone8の「違い」を見ていきましょう。

ディスプレイについて

ベゼルレスタイプのディスプレイ

iPhoneXは、「ベゼル(縁)」の部分を限界まで小さくした、ベゼルレスといわれるタイプのデザインです。このことで、ポケットに軽く入るサイズであるにもかかわらず、画面が広々と使えて見やすいですし、見た目も非常にスタイリッシュです。

これに対し、iPhone8は旧来のタイプで、ベゼルにそれなりの面積が取られています。本体は同じくらいのサイズであるにもかかわらず、iPhoneXの画面は5.8インチに対し、iPhone8の画面は4.6インチです。

選び方として、これからのトレンドはベゼルレスタイプに移行してくることが予想されるので、新しいもの好きな人にはiPhoneXがお勧めです。

有期ELの違い

iPhone Xでは、iPhone史上初の有機ELを採用しています。これは、他のスマートフォンの有機ELとは異なり「Super Retina HDディスプレイ」というものです。これによって発色が非常に良くなり、高精細を実現しています。しかも薄く省電力です。

画面の解像度は、iPhoneXがiPhone8の1.4倍となっています。

また、どちらも「TrueTone」に対応しています。これは周囲の光に合わせてバランス調整する機能のことで、より自然な表示が可能となります。iPad Proに使われている技術です。

画面コントラストの違い

iPhoneXでは、高いコントラスト効果により、空の青さや影などが強調されて表現されます。深みのある色合いとなり、表現力が豊かです。また、HDR動画に対応しています。

ディスプレイの形状、配置できるアプリの数

さらにディスプレイの形状も違います。画面が縦長になったので本体を持ちやすくなりましたし、片手で文字入力することなども簡単。「簡易アクセス」という機能を使うと画面を下にスライドできるので、画面上部のボタンにも指が届きます。

ホーム画面におけるアプリの数は、これまでの24個から28個に増えています。

顔認証

iPhoneXとiPhone8では、セキュア認証の方法が大きく異なります。

iPhoneXは顔認証を導入

iPhoneXは「FaceID」という機能を搭載しています。これはいわゆる顔認証のことで、使用者の顔を判別してロックを解除するものです。普通にiPhoneの画面を眺めると、一秒もかからずにロックが解除されます。

従来の指紋認証の場合、手が濡れているときや手袋をしているときには認証できませんでしたが、iPhoneXならそのような問題を解消できます。

ただ、FaceIDを導入した代わりに、従来のホームボタンやTouchID(指紋認証)はなくなりました。

FaceIDの安全性は?

FaceIDの場合、写真を勝手に使われたり、寝ているところを撮影されたりして、勝手にロック解除されることを心配する方がいるかもしれませんが、その心配は要りません。赤外線の3D認証を使うので、写真や寝顔では認証されないからです。

顔認証は、これまでにない新しいシステムですから、試してみたい人には楽しい機能です。ただし、今までのiPhoneに慣れていた人は、当初、使い勝手に戸惑うかもしれません。

従来通りが良ければiPhone8がお勧め

iPhone8は、ホームボタンがありますし、従来のTouchIDに対応しています。これまで通りの使い勝手を求める人の場合には、iPhone8の方が良いでしょう。

操作方法

ホームボタンの有無

iPhoneXの場合、これまであったホームボタンが廃止されています。そして、その代わりに「サイドキー」と「ホームインジケーター」が追加されました。

iPhoneXでは、画面の下にある細長いバーをジェスチャーによって操作します。実際には画面に触れず、指を動かすだけでさまざまな操作や切り替えができるのです。画面を触らなくても、ホーム画面に戻ったりアプリを切り替えたり終了したりすることができます。これまでのように、ホームボタンを2回連打しなくても操作できるので慣れると便利です。

また、左右にスワイプをすると、アプリをめくることができる新機能も追加されています。

実際の使い勝手についてですが、以下のようなレビューがありました。

「購入当初は操作に手間取ったけれども、慣れるとむしろ、直感的に操作できるので楽になりました。ホームに戻るのも、タスクを切り替えもスムーズです。ホームボタンは、もう過去の産物と思います」

個人差もあるでしょうけれど、そう使い勝手が悪いものでないでしょう。新しいものを試してみたいならPhoneXがお勧めです。iPhone8は従来通りホームボタンがあり、操作方法にも変更はありません。

カメラ性能

iPhoneXは、1200万画素で広角カメラと望遠カメラのデュアルカメラ搭載です。どちらも光学式手ぶれ補正機能と高速レンズが搭載されていて、暗い場所でもはっきりと鮮やかに写真や動画の撮影ができます。さらにポートレートライティングがついているので、顔を精密に認識できます。

これに対しiPhone8は7とほぼ同じカメラ性能。画素数は1200万画素ですが、デュアルカメラではありません。光学式手ブレ補正は搭載されています。

iPhoneXにもiPhone8にもTrueToneテクノロジーが採用されているので、撮影の際には、周囲に合わせて自動調整が行われ、自然に近い形でキレイに写し出されます。両方ともHEIF圧縮テクノロジーを使っていて、ファイルサイズを2分の1に落として保存しても、写真の画質が落ちません。

アニ文字

iPhone Xは「アニ文字」に対応しています。アニ文字とは、人の表情や声をアニメーションキャラクターの表情に反映する機能です。たとえば、人が笑うと、笑ったキャラクターの顔が出てきます。表情や声で、自分だけのオリジナルの動く絵文字を作ることができて、共有できます。

これは、iPhone10にTrueDepthカメラというカメラが搭載されていて、顔の動きを読み取ることができるからです。たとえば、アニ文字を使うと、直接伝えにくいことでも、キャラクターを通じて伝えられるかもしれません。

※アニ文字を使えるのは、iPhone X同士でApple Messageを使う場合です。iPhone8にはアニ文字機能はありません。

今後、アニ文字を利用できる端末が増えていくでしょうから、アニ文字を使ってみたい人は、iPhoneXを購入すべきでしょう。

バッテリー性能

iPhoneXとiPhone8は、バッテリーの性能も異なります。
Xの場合、専用のバッテリーがあり省電力性能が向上しています。iPhone7(13時間程度)よりも最大2時間多くバッテリーが持続します。8の場合は、7と同様の13時間程度です。

ボディの素材

両モデルともメタルフレームですが、それぞれ素材が異なります。iPhoneXはステンレス、iPhone8はアルミニウムです。

これまで、アップルは、Apple Watchにおいて、上位モデルにはステンレス、下位モデルにはアルミニウムを使ってきたので、今回もその流れに沿ったものです。

iPhoneXのステンレススチール素材は、「史上最高のデザイン」と言われているiPhone4やiPhone4sのものと同じです。Appleが「研磨を尽くした」と言っているだけのことはあり、強い光沢がありプレミアム感があります。

iPhone 8は、光沢感のないマットな質感でのアルミニウムで、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

サイズ・重さ

iPhoneXはiPhone8に比べ、サイズがかなり大きくなっていて重いです。

iPhoneX iPhone8
サイズ 幅70.9高さ143.6厚さ7.7mm 幅67.3高さ138.4厚さ7.3mm
重量 174g 148g

小さい方が良いという場合にはiPhone8の方が使いやすいかもしれません。

内蔵メモリ

iPhone8のメモリはiPhone7と同じ2GBですが、iPhoneXの場合3GBに増えています。
メモリ容量に余裕ができると、アプリを同時に起動できる数が増えますし、動作も重くなりにくいです。たくさんの操作を同時に行いたい人には、iPhoneXの方が向いているかもしれません。

ストレージ容量

ストレージ容量も、iPhoneXとiPhone8で同じです。両方とも、64GBと256GBの2種類から選ぶことができます。

両モデルのスペック・機能の比較表

iPhone X iPhone8
画面のサイズ 5.8型Super Retina HDディスプレイ 4.7型Retina HDディスプレイ
サイズ 幅70.9高さ143.6奥行7.7mm 幅67.3高さ138.4奥行7.3mm
本体 ガラスボディ ガラスボディ
チップ A11 Bionicチップ+M11モーションコプロセッサ A11 Bionicチップ+M11モーションコプロセッサ
重量 174g 148g
容量 64/256GB 64/256GB
RAM 3GB 2GB
ジェスチャー操作 対応 非対応
バッテリー 約15時間 約13時間
LTE 下り最大800Mbps 下り最大800Mbps
解像度 2,436×1,125ピクセル 1,334×750ピクセル
コントラスト比 100万:1 1400:1
メインカメラ 12メガピクセル広角カメラ+12メガピクセル望遠カメラ(デュアルカメラ)
広角:F1.8、望遠:F2.4
デュアル光学式手ブレ補正
光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
ポートレートモード
ポートレートライティング(β版)
12メガピクセル
F1.8
光学式手ブレ補正
最大5倍のデジタルズーム
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
インカメラ 7メガピクセル
F2.2
ポートレートモード
ポートレートペインティング
7メガピクセル
F2.2
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080pビデオ撮影(30fpsか60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fpsか240fps)
ビデオの光学式手ブレ補正
2倍光学ズーム+6倍デジタルズーム
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080pビデオ撮影(30fpsか60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fpsか240fps)
ビデオの光学式手ブレ補正

気になる価格は?

iPhoneXの本体価格

iPhoneXは、これまでにない機能をたくさん取り入れておりプレミアム仕様となっていることもあってiPhone史上最高価格です。

  • 64GBで11万2800円
  • 256GBで12万9800円

iPhoneXが向いている人

  • 新しいもの好きな人
  • 目立ちたい人
  • 画像や映像を頻繁に見る人
  • 写真にこだわる人
  • ゲームなど、負荷の重い処理の利用が多い人

iPhoneXを買うべき人は、新しいものが好きな人です。FaceIDやジェスチャー操作などいろいろな新機能があるので、職場に持っていったり友人に見せたりすると、話題の中心になることができそうです。

ディスプレイの画像も相当キレイになりますし、写真もキレイに撮れますから、画像や映像を頻繁に見る人にもお勧めです。また容量が大きいので負荷の重い処理を利用する人にも良いでしょう。

ただ、やはり高すぎるのが難点です。

iPhone8の本体価格

これに対し、iPhone8はこれまでのiPhone7と大きく変わりません。

  • 64GBで7万8800円
  • 256GBで9万5800円

これでも十分高いのですが、iPhoneXと比べると安く感じます。

iPhone8が向いている人

  • これまで通りの利用がしたい人
  • 新しいものになれるのが苦手な人
  • 今までのiPhoneで、特に困っていない人
  • 価格が安い方が良い人
  • 携帯をお得に乗り換えたい人

iPhone8は、iPhone7と大きくは変わりませんが、性能は向上しているので、手頃なアップデート版という感じです。本体がガラス化されていたりして高級感も出ていますから、プラス要素もあります。

何より、価格が今までと変わらないのが良いです。やはり、スマホに10万や15万というのは厳しいという方が多いでしょう。FaceIDもアニ文字もジェスチャー操作も要らない、今までのiPhoneと同じで良い、という人にはiPhone8がお勧めです。

キャリア契約なら端末代の支払いは半額程度に!

こうなると、パソコン並みに高額なので、購入をあきらめようとする方もいるかもしれません。しかしキャリアで契約していれば、端末代の割引サービスがあるため比較的購入しやすいので安心なんです。

例えば、

  • ドコモだと「月々サポート」
  • auだと「毎月割」
  • ソフトバンクだと「月月割」

と呼ばれる割引サービスです。

24回の分割払いの場合、2年間そのキャリアで契約を続けて割引をフルに利用すれば、通常の端末代金のおよそ半額分の支払いだけで済みます。

お得にiPhoneXやiPhone8に乗り換える方法

iPhoneXやiPhone8に乗り換えるとき、キャリアのショップで購入する方法が一番思いつきやすいでしょう。他に代理店や家電量販店で購入する方法もありますし、キャリアのオンラインストアで契約することも可能です。もっともお得な方法はどれでしょうか?

ウェブ上の代理店が圧倒的にお得!

それは、ウェブ上の代理店を利用する方法です。

ウェブ上の代理店では、さまざまなキャンペーンが行われているので、とても安くiPhoneを利用することができるからです。

キャリアのショップは混雑することも多く、長時間待たされることもあります。店頭で不要なオプションを進められて迷惑することもあるでしょう。その点、オンラインの代理店なら都合の良いときに申し込みできますし、かかる時間も短いです。

ウェブ上の代理店の例として「おとくケータイ.net」というサイトがあります。ここは、フトバンクの正規代理店です。料金や端末はソフトバンクと同じものとなりますし、ソフトバンクのアフターフォローが適用されるので安心です。

何より、大きな現金キャッシュバックを受けられるので、高いiPhoneを非常に安く、お得に購入することができます。

おとくケータイ.netで乗り換えをすると、iPhoneXやiPhone8が以下の料金となります(平成29年12月8日時点)。

iPhoneXの月額料金

iPhoenXの64GBコースについては、48,600円分の機種代金の値引き(キャッシュバック)があります。

通話し放題ライト(5分以内かけ放題) 1,836円
WEB使用料 324円
データ定額パック 5G 5,400円
端末代金(iPhoneX 64GB) 5,460円(24ヶ月)
月月割 -3,210円(24ヶ月)
機種代金値引き -2,025円(24か月)
総額48,600円キャッシュバック値引き
下取り割 -720円(24ヶ月)※IPhone6下取り時
合計 7,065円

iPhone8の月額料金

iPhoen8コースでは、256Gの契約に48,600円の値引き(キャッシュバック)があります。実質、iPhone8を半額程度で購入することができるので、とてもお得です。

通話し放題ライト(5分以内かけ放題) 1,836円
WEB使用料 324円
データ定額パック 5G 5,400円
端末代金(iPhone8 256GB) 4,690円(24ヶ月)
月月割 -3,210円(24ヶ月)
機種代金値引き -2,025円(24か月)
総額48,600円キャッシュバック値引き
下取り割 -720円(24ヶ月)※IPhone6下取り時
合計 6,295円

いかがでしょうか?このくらいの料金なら「今とあまり変わらない」という方も多いのではないかと思います。もっともお得なポイントは、「キャッシュバック」です。

現金を48,600円もキャッシュバックしてもらえるので、高額なiPhoneXやiPhone8を、さほどの負担なく購入することができるのです。

iPhone8なら3~4万円くらいで入手できますし、10万円以上するというiPhoneXでも6~7万円くらいで手に入れられます。残念ながらキャリアのショップやオンラインストア、家電量販店などでは、このような高額なキャッシュバックを受けることができません。

キャンペーンが適用されるのは、iPhoneXの64GとiPhone8の246Gです。新しいもの好きな人はiPhoneXを、これまで通りの仕様で良いという人はiPhone8を申し込んでみましょう!